ボディ・スタイル

美容整形外科でバストアップする理由とメニューは【池田ゆう子クリニックの例】

本日の記事は美容整形外科(美容形成外科)でできるバストアップメニューについてで、池田ゆう子クリニックの例について解説しています。


池田ゆう子クリニックのホームページは下記になります。
↓↓↓

池田ゆう子クリニックについては下記の記事をご覧ください。

豊胸手術なら池田ゆう子クリニックがおすすめ【実績、評判、口コミが良い】本日は豊胸専門の美容整形外科である池田ゆう子クリニックを紹介します。 池田ゆう子クリニックのホームページは下記になります。 ...

美容外科で豊胸手術をする人のバストの悩みは?

美容外科で豊胸手術をする人のバストの悩みは胸のボリュームだけではありません。皆さんがどのような悩みで豊胸手術をしているのかをみていきます。

① 授乳後(断乳後)にバストが萎んでしまった

まずは、授乳をし終えた後に胸が萎んでしまったケースです。元々はハリがあり、大きくてキレイな胸をしていたケースでも授乳後にバストが萎んでしまったというケースは多いものです。萎んでしまったバストを元のハリのあるバストに戻すために豊胸手術を通じて、脂肪を入れるケースがあるのです。

②バストが小さすぎる(Aカップ以下)

次はバストのボリュームに関してです。こちらについては人より大きくなりたいというよりも、現在のバストサイズがAカップやAAカップ以下で人並み程度になりたい、谷間が欲しいという理由からバストアップの手術をするケースが多いのです。

③バストが年齢を重ねるとともに垂れてきた

次はバストが年齢とともに垂れてしまったというケースです。これはミドルエイジになった女性から多く、時間やお金に多少の余裕ができ、同性の友人と旅行に行きたいけれども、垂れてしまったバストでは気後れがしてしまうというものです。

④以前入れた豊胸バッグをより自然なものに変更

次は以前入れた豊胸バッグを脂肪注入などの、より自然なものに変更するという理由です。元々、豊胸のバッグは欧米の女性向けに作られていたため、体型の細い日本人では多少の不自然さが生じることがありますし、マンモグラフィー等の検査が受けられないなど不便さもあります。それを自然な脂肪注入の方法に変えるのが施術を受ける理由です。

これらの悩みについて美容外科は対処してくれる

これらの悩みについて美容外科はそれぞれのバストアップメニューを用意し、対処してくれます。

池田ゆう子クリニックの場合、バストアップメニューは下記のようになっていて、①ノーマルのバストアップ、②萎んでしまったバストを以前のハリのある状態に戻すもの、⑤垂れてしまったバストを戻すエイジングケアなどのオーソドックスなメニューがあります。

さらには、③左右のバストの大きさを合わす美乳プラン、④元々小さい人が数回に分けて大きなバストを目指すステップアップバストプラン、⑥一時的な豊胸であるプチ豊胸などあなたの要望に沿ったプランも用意しているのです。

どのプランがいいのかについてカウンセリングする

どのプランを選択すべきかはカウンセリングで相談ができます。カウンセリングまでの流れは下の図のようになっていて、まずは電話かホームページからの申し込みフォームで予約が必要です。

池田ゆう子クリニックのホームページは下記になります。
↓↓↓

失敗できない豊胸手術だから、実績の多く、技術力の高い、優良クリニックが安心できる

失敗できない豊胸手術だから、やっぱり、実績の多いベテランで技術力の高い先生が施術をしてくれる優良クリニックが絶対におすすめです。

池田ゆう子クリニックは2002年に開院し、脂肪注入式の豊胸専門で長年、施術をしている豊胸手術の代表的なクリニックで豊胸手術の実績も過去10年で数千件をこなしているこの分野の専門のクリニックになります。

施術は池田優子院長が担当し、安心できる

また、すべての施術は池田優子院長が担当するので実績を積んでいない新人の医師が担当となったということもなく、安心して施術に向かうことができます。

本気で悩んでいる人は、少しの勇気を出してみて

バストの悩みはボリュームだけではありません。萎んでしまったことや垂れてしまったことで悩んでいる人もたくさんいます。

もし、本気でコンプレックスを解消したいのであれば、豊胸手術はおすすめの方法です。バストアップして自分を磨いた結果、より自分に自信を持てれば、その努力は報われます。本当に悩んでいる人は、ぜひ、勇気を出してカウンセリングだけでもしてみてください。まずは、一歩踏み出すその勇気が大切なのです。

池田ゆう子クリニックのHPはこちら。本気で悩んでいるのであれば、勇気を出して、カウンセリングだけでも行ってみて下さい。
↓↓↓